sueの玉手箱

日常に役立つ情報を発信していきます。

子供

トイレトレーニングに疲れた…うまくいかないと挫折した私の場合

投稿日:2017年7月9日 更新日:

トイレトレーニングに疲れたしやめたい…だったら休憩してみない?

「トイレトレーニング」は育児に立ちはだかる大きな壁のよう。本当に大変です。

同じくらいの年齢の子供を持ったママ友同士が集まると自然にトイトレの話になったりして、そこで「よその子はすんなりいっているのに、なんでうちの子は…」と落ち込んだりすることもあるでしょう。

うちには2人子供がいますが、上の子のトイレトレーニングのときは本当に苦労しました。(下の子はこれからです。怖っ!)
色々試しても全然うまくいかないし、そのことでイライラしたり、おもらしした子供に怒ってしまったことで自己嫌悪になったり…。
夜、子供の寝顔に何回「ごめんね…」って言ったことか。

今回は我が家のトイトレの経緯と、トイトレを途中で挫折して辞めた結果、どうなったかをお話ししようと思います。

スポンサーリンク

トイレトレーニングのそれまでの経緯

トイレトレーニングを開始したのは子供が2歳半くらいの頃でした。
うちの子は秋生まれなので、3歳になる頃におむつが取れれば良いなと思い、気候も暖かくなった春頃にスタートしました。

最初トイレという空間がイヤなのか、トイレ自体に行きたがらなかったので、子供が好きなキャラクターをトイレ内にたくさん用意しました。
キャラクターのシールをたくさん貼った画用紙をトイレタンクに貼る・キャラクターのついたペーパーホルダーカバーを用意する・キャラクターの子供用スリッパを置く。

インテリアも何もあったもんじゃありません。かなり抵抗はありましたが、子供をトイレに行かせるためなので一時的なものだと思うことに。

トイレに行けたら貼れるように、シールも用意しました。
こどもチャレンジのエデュトイで、しまじろうがトイレに座るトイトレ用のおもちゃがありますが、あれも短期間だけ契約して手に入れました。

最初はトレーニングパンツにトイトレ用のパッドをセットして使っていましたが、あまり変化がありませんでした。
そんなときネットで「いきなりパンツにしたらうまくいった」という声を見かけたので、パッドを外してパンツだけにしてみたんですが毎回ダダ漏れ。

試せることは全部やったのに、全然うまくいきませんでした。

スポンサーリンク

トイレトレーニングに疲れた

トイトレ用のおもちゃにも飽きたのかあまり興味を示さないし、トイレに入ってくれるようになったものの成功した試しがなく、シールは数枚張っただけで途中で止まったままでした。

遅々として進まないトイレトレーニング。
旦那は仕事であてにならない。
来る日も来る日も汚れた畳や床を拭いてまわる日々。

その頃は夏でしたが、いくら乾きやすいって言ったって限度があります。
「仕方のないことなんだから」と頭では分かっていても、私は子供が部屋を汚す度にイライラして怒ってしまうようになってしまいました。

イライラする私。
怒られて泣く子供。
後で怒ったことに後悔する私。

こんなことが何度も繰り返される毎日に、私は心底疲れてしまいました。

トイレトレーニングがうまくいかない…やめちゃお

怒っちゃダメなのになんで怒っちゃうんだろう…。子供もこんなんじゃ毎日楽しくないだろうな…。

私は思い切ってトイレトレーニングを辞めることにしました。その日を境におむつに戻しました。トレーニングパンツもタンスの底にしまいました。
もう、思い切りおむつにおやりなさい。

それからは部屋を汚されてイライラすることはありませんでした。毎日毎日汚れたパンツを手洗いすることもありません。どこか重荷から解放されたような、ほっとしたような安堵感さえありました。
子供ものびのびと楽しそう。我が家に平穏が戻ったようでした。


スポンサーリンク

トイレトレーニングを休憩してみた結果

おむつに戻したことで私も子供もストレスフリー。
トレーニングはもう少し大きくなってからで良いやと思って何もせず、のんびり過ごしていたある日のこと。子供の3歳の誕生日まで”あと1週間”というときでした。

「今日からパンツにする!」と突然子供が言いました。

「えっ?!」
もうそれは驚きました。だっておむつに戻してからは一度もパンツは履かせてないし見せてもいないし、トイレに連れて行こうとしたことすら無かったんですから。

「そ、そう…?パンツにする?」
私は動揺しながらも、しまいこんでいたトレーニングパンツを引っ張り出して履かせてみました。
するとパンツ宣言をした日から突然、トイレにきちんと行くようになったんです。

もうこっちは拍子抜けです。だってあれだけ苦労してトイレトレーニングをしていたときは全然うまくいかなかったのに、ある日突然トイレに行き出したんですから。
私の苦労した日々は一体何だったんだろう…。苦しかった日々が泡となって消えた瞬間でした。

パンツにしてからは時々失敗はあったものの、ほぼ完全におむつを卒業しました。

おわりに

なんでうまく行かないんだろう?
なんでよその子はすんなりいくわけ?
なんで同じことを何回も何回も教えてるのにダメなの?

毎日のことだしこっちも人間なので、だんだん疲れてきますよね。
可愛くて仕方のない子のはずなのに、その子にイライラしてしまう自分もイヤになってしまう。
究極は「もしかしたら自分の器はおちょこくらいしかないのか」なんて悩んでみたり。

でもね。
こんなに悩むのって、すごく一生懸命育児を頑張っている証拠だと思うんです。でないと悩まないと思うし。
子供の年齢=ママ歴なんだから、最初からうまくいかなくたって良いんです。疲れたら休憩したって良いんです。

頑張りすぎなくても大丈夫。
今まで頑張ってきたんだから、ちょっとくらい休憩しても大丈夫。
その子のタイミングが来るまで、ゆっくり待っても良いんだから。

こちらもおすすめ!

-子供
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です