メロンの食べ頃の見分け方と追熟の仕方って?長持ちする保存方法とは?

メロンの食べごろの見分け方

メロンを買ったりいただいたけど、食べごろがよく分からないってこと、ありませんか?

私は実家に帰ったときに母が奮発して買ったメロンをもらって帰ったんですが、一向に熟れている気配がなく、ちょっと心配になってきました…。
ていうか、そもそもメロンの食べごろっていつなの?

せっかくのメロンなので、ここ!っていうタイミングで食べたい。

  • メロンの食べごろの判断の仕方って?
  • メロンの追熟の方法って?
  • 切ったけどまだ熟れていなかった場合は?
  • メロンが長持ちする保存方法とは?

メロンを美味しく食べるための方法についてご紹介します!

スポンサーリンク

メロンの食べ頃の判断ポイントは?

メロンって熟す前に収穫されるので食べ頃まで待って食べる果物ですが、どこを見て食べ頃だと判断するわけ?

メロンが熟したかどうかを見るのは、以下に注意してみてください。

  • メロンの甘い香りがする
  • ツルが乾いて枯れているが、根元は若干黄緑色
  • お尻のまわりを指で押すと軽くへこむ

一番確実なのは、ツルの状態とお尻のまわりを押すことです。

でもお尻のまわりを押したとき、どのくらいへこんだら良いのかイマイチ分からなかったりしません?
そこで分かりやすいのがこちらの動画。

こちらの動画では、メロンのお尻を押したときのへこみ具合がよく分かります。
どのくらいまでへこんだらOKなのか分からないときは、是非チェックしてみてくださいね!

結構お尻がペコペコするくらいまで柔らかくなると、食べたときに舌がピリピリすることがあります。
あのピリピリが苦手な場合は、「弾力はあるけど少しへこむ」というくらいで食べるのがおすすめです。

食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やすと美味しく食べられます。


スポンサーリンク

メロンの追熟の仕方は?

メロンは早くから収穫されるので、食べ頃になるまで待たないといけません。
収穫したときの熟れ具合や追熟するときの環境にもよりますが、食べ頃になるまで長くて2週間くらい待たされます。
意外とジラすわね。

しかもメロンはウリ科の植物なんですが、ウリ科の多くは最長で収穫から20日前後が消費期限だと言われています。

ということで早く追熟したい場合はどうすれば良いわけ?
その方法がこちら。

  • 風通しの良い直射日光が当たらない場所で常温保存
  • ツルを下側にして置いておく(ツルが邪魔ならカット)
  • りんごや熟したバナナなどと一緒にビニール袋に入れて口をしばっておく
  • 夏なら車のトランクルームか後部座席に転がらないように置いておく(光が当たる場合は段ボールに入れる)

要は「温かい場所で放置」しておくと良いってことですね。
寒い時期は追熟がなかなか進まないんですが、暖房をつける部屋に置いておけば追熟が早く進みます。

またりんごや熟したバナナからはエチレンガスが発生するので、そのガスで追熟を早めることができます。

メロンを切ったらまだ熟れていなかった!そんなときは?

甘いはずのメロンから、なんかキュウリみたいな味する…。
もう良いだろうと思ってメロンを切ってみたものの、まだ青くて熟れていなかったっていうことありませんか?

そんなときは我慢して食べるしかないの?

大丈夫です!
カットしてしまったメロンも追熟させることができます。

そんなカット後の救済方法がこちら。

種を取り除いてからピチッとラップをして冷蔵庫の野菜室で保存。
半日から一昼夜置いておく。

たったこれだけなんです。

冷蔵庫では温度が低すぎるので、野菜室で保存するのがポイント。

また素手で触ってしまうと雑菌がついてカビや腐敗が起こりやすくなるので、なるべく切り口には触らないようにしましょう。

これで我慢してキュウリ味のメロンを食べなくても大丈夫です!


スポンサーリンク

メロンが長持ちする保存方法は?

  • メロンがたくさんあって一度に食べきれない。
  • 切った後で保存をしたい。
  • 長期保存がしたい。

そんなときはどうする?

メロンを丸ごと保存したいとき

メロンを丸ごと保存したいときは、追熟を遅らせるためにすぐに冷蔵庫に入れます。冷蔵庫に入れると追熟がゆっくりになります。
冷蔵すると10日くらいは持ちます。

いったん冷蔵庫に入れておき、食べる数日前に常温で保存しておくと丁度良く食べられます。
食べる2~3時間前には再び冷蔵庫へ。

カットしたものを保存したいとき

カットしたものは種を取り除いてラップをして冷蔵庫で保存しましょう。

完熟後のメロンは賞味期限がかなり短くなります。
また冷やし過ぎると味が落ちるので、2~3日以内に食べきってしまうのがおすすめ。

長期保存がしたいとき

もっと長期保存をしたいときは冷凍してしまうのがおすすめ。
シロップにつけるという方法もありますが、冷凍が一番手っ取り早くて簡単です。

一口大にカットしたメロンをラップで包んで冷凍し、乾燥を防ぐためにジップロックなどの密封できる袋にいれて保存します。
半解凍状態にするとシャーベットのようなメロンが楽しめます。

冷凍した場合は1~2ヵ月を目途に食べきるようにしてくださいね。

おわりに

メロンの食べ頃や保存方法などについてご紹介しました。

メロンって結構好き嫌いが分かれるフルーツですが、私は好きな方ですね。
メロン味の飴は嫌いですが。

おいしいメロンを食べる参考になれば幸いです。

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする