口臭チェックの仕方セルフでできる本格的から簡単な方法まで5つ!

口臭ケア

職場で同僚と話すとき、仕事でお客さんと接するとき、食後や朝起きた直後など、実に様々なシチュエーションで口臭が気になることってありますよね。

人との距離が近いと特に気になる口臭。
一番確実なのは自分以外の人に直接聞いてみることですが、そんなことを頼むのは気が引ける…。

そこで自分で確認するにはどんな方法があるんでしょうか?
口臭セルフチェックの方法についてご紹介します!

スポンサーリンク

口臭チェックの仕方セルフでできる本格的な方法

まず本格的な方法からご紹介。
この方法では、かなりの精度で自分の口臭を再現できます。

口臭チェックの方法

  1. 耐熱性のある小瓶などにカレースプーン2杯分の唾液を入れる。
  2. 自分の舌や歯茎をコットンで拭き、一緒に瓶に入れる。
  3. 鍋にお湯を沸かし、唾液とコットンを入れた瓶を入れて数分煮る。
  4. 瓶から出てくる臭いをかぐと、それが自分の本当の口臭!

理科の実験でやるような、なかなか本格的な方法です。

でもこの方法が自分の実際の口臭を知るには一番の方法になります。


スポンサーリンク

口臭チェックの仕方セルフでできる簡単な方法

自分の唾液を気化させて臭いを嗅ぐ。
ちょっとそこまでは…という想いを抱いた人もいるんじゃないでしょうか。実際に私も「ちょっと面倒くさいな…」と思ってしまいました。

そこで職場の休憩時間や人と会う前のちょっとした隙間時間など、それほど手間をかけずに自分の口臭をチェックできる簡単な方法がこちら。

手を舐めて口臭チェック

自分の手の甲を舐め、30秒ほど乾燥させます。そして舐めた部分の臭いをチェック!

唾液を一度乾燥させると臭いの元となる物質だけが残るそう。時間のないときなど簡単に確認するにはおすすめの方法です。

ティッシュ1枚で口臭チェック

  • ティッシュを4回折りたたみ、座布団のような形にします。
  • 折りたたんだティッシュで舌を上から下に5回なぞります。
  • 2分待ち、新鮮な空気を吸ってからティッシュを嗅ぎます。

こちらも手を舐める方法同様、一度唾液を乾燥させることで自分の口臭に近い状態を確認することができます。

コップを使って口臭チェック

  • きれいなコップを水平に持ち、その中に軽く息を吐きます。
  • 息を吐き終わったら素早く手でコップにふたをし、いったん新鮮な空気を吸う。
  • 手をずらし、コップの中の臭いをかぎます。

コップ以外では、ビニール袋に行きを吹き込んで臭いを嗅ぐという方法でもOKです。袋を使う場合は小さめな袋を使用すると良いですよ。

フロスや歯間ブラシの臭いで口臭チェック

デンタルフロスや歯間ブラシを使った後、その臭いを嗅いでみましょう。

虫歯や歯垢(プラーク)は臭いの原因のひとつ。
虫歯があるときは硫黄のような特有の臭いがあることが多く、プラークは2日程度で歯石へと変わってしまうためブラッシングしても取れなくなってしまいます。

虫歯や歯石があるときは早めに歯医者さんで治療し、正しいブラッシングを心がけましょう。


スポンサーリンク

おわりに

自分でできる口臭チェックの方法についてご紹介しました。

口臭って自分ではなかなか気づかないものですよね。
気にしすぎるのもいけませんが、食後や人と会う機会があるときには参考にしてみてくださいね。

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする