名古屋モーターショーの駐車場の混雑を避けるには?車で行く場合

混雑を回避するには

名古屋モーターショーは中部地域最大のモーターショーとあって、毎年の来場者数は20~25万人となっています。

会場となるポートメッセなごやへは公共交通機関での来場を推奨されていますが、車で行きたい場合や事情もありますよね。
そんなときに気になるのが車が無事に停められるかどうか。

駐車場の混雑状況の他、高速道路の混み具合も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

名古屋モーターショーの駐車場の混雑は?

駐車場へは全く停められないというわけではないようですが、やはり午前中から昼過ぎにかけて混雑しています。
会場へは9時からの入場開始ですが、7時前にはすでに駐車場へ入るための渋滞が始まっています。

また周辺道路や駐車場の混雑もですが、高速道路の渋滞も同じくらいひどい。

伊勢湾自動車道では、ポートメッセなごやがある名港中央ICを下りる車で大混雑。特に下り方面は終日混雑します。
また出口の混雑は名港中央ICだけでなく、平日ですら一つ手前の名港潮見ICあたりから左側車線の渋滞が発生しています。

2~3キロ進むのに1時間弱かかることもザラで、渋滞にはまると最悪2時間経っても出口を通過できないことも…。

このように高速の渋滞と駐車場待ちの渋滞とで、最低2~3時間はかかっている人がほとんどです。

スポンサーリンク

名古屋モーターショーの混雑を避けるには?

混雑必須な名古屋モーターショーですが、それでも少しでも混雑を回避したいですよね。
そんなときはどうすれば?

名港中央ICを利用しない

伊勢湾岸自動車道を利用する場合、下り方面はめちゃくちゃ混雑しているんですが、上り方面の出口はそれほどではありません。

名港中央ICがすでに混雑していたらそのまま通り過ぎ、次の飛鳥ICで一旦下りてからまた引き返す。150円くらい余分に高速料金がかかりますが、そうした方がそのまま出口渋滞につかまるよりは早いです。

下道を利用する

伊勢湾岸自動車道が開通してからは渋滞のメインがそちらに移ったためか、金城ふ頭地区周辺では下道での移動の方が楽になっています。

案内看板の通りに進むメインストリートは混雑していますが、そこを外れると意外とスイスイ移動できます。
土地勘があって裏道を知っている、または方向感覚に自信のある方は、メイン通りを避けて進んでみてください。
うまくいけば、会場付近に出るまで渋滞につかまることはありません。

遠くの駐車場を利用する

名港中央ICの出口が混雑していることはお伝えしましたが、ICを下りてからも駐車場へ行くまでの道が同様に混雑しています。

金城ふ頭地区の駐車場の位置関係を見てみると、名港中央ICから外れているのは空見臨時駐車場のみ。
午前中に到着しても、9時を過ぎた時点で満車になっている駐車場も出てきますが、こちらは遠いため同じ段階ではまだ空きがある状態です。

臨時駐車場と会場間は無料シャトルバスが6~10分間隔で運行されていますので、移動も楽です。

→金城ふ頭地区の駐車場一覧はこちらから

空見臨時駐車場は祝日・土日のみ利用可能です。平日は利用不可。
無料シャトルバスが出ているのは「空見臨時駐車場⇔ポートメッセなごや」と「金城ふ頭駅前⇔ポートメッセなごや」の2区間です。

パーク&ライド

パーク&ライドとは、1駅~2駅手前の駅周辺駐車場に車を停めてから、公共交通機関を利用して会場まで行くという方法です。

公共交通機関なら渋滞につかまるより確実に早く目的地に到着できます。
あおなみ線を利用することになるので、金城ふ頭駅の1つ手前の「野跡駅」、2つ手前の「稲永駅」あたりがおすすめです。

金城ふ頭駅前から会場間は無料シャトルバスが出ています。

早く到着する

当たり前と言ったら当たり前なのですが、午前中に行く場合は高速や道路の渋滞が始まる前に到着することが必須です。

駐車場の混雑は早いところで7時から、高速の渋滞は早ければ8時頃から始まります。
とりあえず高速の渋滞につかまらないことを考え、8時までには高速から出ておけると良いでしょう。

午後からの場合は?

大抵の人は「早く行って早く帰る」という行動スタイルです。だったら午後からの方が空いているかなと思ったら、案外そうでもなかったり…。
午後は午前中の混雑に比べれば少しマシで、駐車場の空きもちらほらあるのでその点では楽なんですが、今度は帰りの渋滞で3時間という状況です。

特に当日券を現地で買おうと思っている場合は、当日券を買うのにも行列ができていて30分は待ちます。じっくり見ていると今度は帰りの渋滞に確実に巻き込まれます。
午後から行く場合は前売り券を持っていること、早めに切り上げることを前提で考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
 

おわりに

名古屋モーターショーの車で行く場合の混雑状況をご紹介しました。
車離れが叫ばれているといっても、やはり車人気は健在ですね。

行く時間帯によっても状況は変わります。
渋滞に巻き込まれないように早く行く、下道を通る、下りるICを変える。早く行けなかったら遠くの駐車場やパーク&ライドを利用するなど、‏色々状況に合わせて選択してみてください。

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする