鴻巣花火大会の駐車場が混雑する時間は?公式P以外の穴場ってある?

鴻巣花火大会の駐車場が混雑する時間は?公式P以外の穴場ってある?

毎年60万人もの人出で賑わう「こうのす花火大会」。

四尺玉の打ち上げや尺玉300連発で構成されるラストのスターマイン、鳳凰乱舞は圧巻です。
首都圏からのアクセスも良いことから、毎年来場者が増加しています。

電車の混み具合もさることながら、道路も混雑しています。

車で来場するときに一番困るのは駐車場ですが、公式駐車場は何時頃にいっぱいになってしまうんでしょうか?
また公式駐車場以外で車を停められる場所とは?

駐車場情報についてご紹介します!

スポンサーリンク

鴻巣花火大会の駐車場と混雑する時間

鴻巣花火大会で用意されている公式駐車場は以下の2か所になります。

こちらから公式HPで駐車場の詳しい場所が確認できます。

吉見総合運動公園

埼玉県比企郡吉見町今泉141

2000台収容

料金 2000円

開場 9:30~

この吉見総合運動公園内には無料観覧席が設けられていて、車内からでも花火が見える場所。

イベントが開催されていたり売店も出ており、仮設トイレも設置されています。
そのため子連れで来る家族連れなどに人気で、早くから混雑します。

9:30の開門となっていますが、9:00前からすでに順番待ちの車が列をなしているため渋滞しています。
渋滞回避のために早めの開門となったことも。

こちらの駐車場は片側1車線の道路沿いにあり、更に入り口が1カ所だけなので駐車場に入るまでに時間がかかります。

そのため15時を過ぎると駐車待ちの渋滞で混雑し、車を停めること自体が難しくなってきます。
遅くても15時には駐車場に停めておきたいところなので、昼頃までには到着しておくようにしましょう。

また入り口と同じく出口も1カ所のみなので、帰りはかなり渋滞します。
夜は23時に駐車場が閉鎖されますので、車中泊はできません。

糠田(ぬかた)メイン会場第2会場駐車場

埼玉県鴻巣市糠田
(糠田運動場の西側)

1000台収容

料金 2000円

開場 9:30~

新たに駐車場として加わりました。
有料観覧会場の近くに位置しているので、有料席を購入している方にとっては多少近くて便利になりました。

有料観覧会場には屋台が出ていますが、例年は開店が15時頃からになります。
早めに到着した場合は屋台が開くまでは暇つぶしが必要です。

駐車場は土手沿いに位置しているので、入り口と出口が1カ所ずつしかありません。

吉見総合運動公園と同じく夕方には大混雑が予想され、収容台数も吉見総合公園の半分ということを考えると、遅くても昼頃を目途にすると良いと思います。

スポンサーリンク

鴻巣花火大会の駐車場で公式P以外の穴場は?

用意してある公式駐車場は3000台分なので、鴻巣駅周辺にある有料駐車場も早くからいっぱいになっています。

かといって路駐はダメ。
鴻巣は免許センターのある町なので警察の取り締まりも若干強め。ほぼ確実に切符を切られます。

●吉見町ふれあい広場の駐車場

こちらは地元の方が主に利用する穴場駐車場です。
ただし有料で、埼玉県民の方は1000円・県外の方は3000円となっているようです。

収容台数は400台ですが、利用者は地元の方がほとんどなので夕方頃に満車となります。
遅くても15時頃には着いておきたいところですので、公式駐車場に停められなかった場合の予備として考えておくと良いかもしれません。

●吉見町民体育館の駐車場

こちらはほぼ地元の方しか利用していません。
場所は吉見町ふれあい広場の向かい側です。

通常は駐車場は無料ですが、花火大会当日に料金設定されているかは不明です。

●道の駅 いちごの里よしみ

花火大会の駐車場として、公式駐車場以外で唯一開放されている場所です。
トイレや売店もあるので人気スポットとなっています。

こちらも夕方にはほとんど満車となってしまうので、お昼頃を目途に向かいましょう。

道の駅から花火を見ると電線や街頭があるので花火とかぶってしまいます。
ちょっと先の川沿いまで歩いて行って見ると良いかも。

おわりに

こうのす花火大会へ車で行く場合の駐車場情報についてご紹介しました。

遠方から参加で車中泊をする予定の方は、最初からいちごの里に停めておくのが良いかもしれません。

いずれにしろかなりの混雑が予想されますので、事故には気を付けて花火を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする