紫外線一覧

日焼けが痛いときのお風呂の入り方と肌に優しい服の選び方は?

赤くなっている理由は紫外線によって血管が広がり、肌の細胞が傷付いているから。赤くなりやすい人は、紫外線から肌を守ってくれるメラニン色素を生成するスピードが遅く、紫外線を防ぎきれないのです。そのため赤みや痛みが起こることに。日焼けでヒリヒリ痛いのを悪化させないため、普段の生活で気を付けることをご紹介します!

日焼けでヒリヒリ痛いとき痒いときの対処法と職場でもできる解消法

日焼けが痛くて痒くて寝れなかったり、お風呂でしみたりともう泣きそう…。 そんな日焼けで辛い日々をなんとかしたい!早く症状を抑えたい! ということで、今回は日焼けでヒリヒリ痛い・痒い症状を早く治める方法と、痛い・痒いときに職場などでできるとりあえずの応急処置についてご紹介します。

車の紫外線対策で赤ちゃんと運転するママにもできることは?

そろそろ紫外線の強くなる季節。紫外線は3月から徐々に強くなり始め、6月が最大だと言われています。しかし梅雨があるので、実際には5月あたりから本格的な紫外線対策が必要になってきます。 今回は赤ちゃんの紫外線対策として、車で移動するときにできる紫外線対策をご紹介。

もう帽子を風で飛ばされない!プチプラ&家にあるものでできる工夫

日差しが強い日には紫外線対策で帽子をかぶって出掛ける方も多いと思います。しかしこの帽子、風が強い日・自転車に乗っているとき・橋の上を通るときなど、飛ばされるのが悩みですよね。 そこで今回は、今あるお手持ちの帽子にできる飛ばない工夫「プチプラや家にあるものでできる、帽子が風で飛ばされない方法」をどうぞ!

紫外線対策は髪も忘れずに!椿油の効果と正しい使い方

紫外線予防で忘れがちなのが髪の毛です。 帽子や日傘で防げる場合は良いですが、営業で外回りだったりそもそも職場が外だったり、授業が屋外だったり…そういったグッズが使えない状況に置かれる場合もあると思います。今回は日傘や帽子を使えないときに、髪に良いと言われる椿油を使った紫外線対策をご紹介します。

紫外線対策になる服の色と素材は?実は黒じゃなくてあの色!

紫外線はすでに3月頃から強さを増し、5月~8月にかけて最も強くなると言われています。 1日15分程度の日光浴は推奨されているものの、肌の老化原因のなんと約9割が紫外線と言われています。 今日は紫外線対策として ・服の素材や色はどんな物を選んだら良いの? ・UVカット素材は本当に効果があるの? という疑問にお答えします。

紫外線対策になる食べ物はコレ!果物と野菜を食べる時間にも注意を!

小物を身に着けたり日焼け止めを塗ったりと、体の外で行える紫外線対策も大切ですが、毎日する食事にちょっと目を向けてみませんか? 今回は紫外線対策になる食べ物、果物と野菜をご紹介します。またこの中には食べる時間を間違えてしまうと逆効果になってしまうものも。 朝食べてはいけない食べ物も合わせてご紹介します。