東京オートサロンの当日券のチケット売り場の混雑を避けるには?

混雑を回避するには

東京オートサロンは世界最大級のカスタムカーの祭典。
3日間しか開催されない上、開催日が金・土・日と週末なので混雑が予想されます。

前もって前売り券を買っておければ良いですが、予定が分からなかったり、直前まで行こうかどうか迷っていたりして買えないこともありますよね。

そんなときは当日券を購入して入場することになるんですが、チケット売り場の混雑はどうなんでしょうか?

混雑の様子を見ながら、混雑回避の方法をご紹介します!

スポンサーリンク

東京オートサロンの来場者数とチケット売り場の混雑は?

東京オートサロンの3日間の来場者数はというと、毎年30万人を超えています。

内訳としては、入場料が土日に比べて割高な金曜が一番少なくて約8万人。
土・日は約12万人と人数の差はあまりありません。

そして多くの人は前売り券を購入していると思いきや、意外と当日券を買う人も多いんです。

しかもモーターショーと違って、駅やコンビニ前などで臨時の当日券売り場が出ていることもないので、会場に行ってから当日券を買うことになります。
そのため、会場では当日券を求める人で長蛇の列ができています。

寒い中、外でチケット購入の順番待ちをするのはつらいですし、できればあまりここで時間を使いたくないですよね。

チケット売り場の混雑を避ける曜日や時間帯はいつなんでしょうか?

スポンサーリンク

東京オートサロンのチケット売り場の混雑を避けるには?

チケット売り場での混雑を避ける、待ち時間を少しでも少なくするためにはどうしたら良いでしょうか?

曜日での違い

【金曜日】

来場者数の数の違いからも分かるように、金曜日が3日間で一番少ない来場者数となっています。
そのため会場内もゆったりと見て回ることができます。

チケット売り場はというと、一般特別公開が午後からということで、入場可能となる時間の前には当日券を買い求める人の列ができています。
しかしその時間を過ぎると、15時頃には列もなく当日券売り場もガラガラです。すんなり購入することができますよ。

【土曜日・日曜日】

土曜日・日曜日はさほど来場者数も変わらずどちらも混雑していますが、日曜の方が開場時間が短いことを考えると、日曜の方が混雑しています。

そのため日曜日の方が当日券売り場の列も長めになる傾向にあるんですが、朝から晩まで混雑しているかというと、そうではありません。

土曜日も日曜日も、来場者が集中しているのは午前から昼過ぎにかけて。早く来て帰りの渋滞に巻き込まれないように早く帰る、という人が多いからなんです。

また混雑が始まる時間帯も少し差があって、土曜日の方が日曜日に比べて混雑し始めるのが少し遅いんです。
午前中に行こうと思う場合は、土曜日の方がおすすめ。

ただし入場開始時刻くらいに行くとすでに列ができているので、30分は待つようになります。最低でも8時まで、できれば7時台に到着することができればすんなり入れるでしょう。

また昼過ぎには帰る人が多いので、14~15時頃に行けばチケット売り場で長い間待つという事態は避けられます。
会場内はというと、16時以降になるとかなり人が少なくなってゆったりと見て回ることができます。日曜日だと夕方から行くとあまりゆっくりはできないので、人が少ないときにゆっくりと見て回りたいときは土曜日の夕方がおすすめです。

というわけで、土曜日・日曜日に行く場合のポイントは

  • 朝の混雑は土曜日の方が少ないので、午前中に行く場合は土曜日がおすすめ
  • 午後から行く人は少ないので、14~15時頃からはあまり混雑していない
  • 夕方からは更に人が少ないので、土曜日の夕方が狙い目

となります。

スポンサーリンク

まとめ

当日券の売り場の混雑をさけたい場合のおすすめの時間帯は

  • 金曜日の15時以降
  • 土曜日の早朝
  • 土曜日と日曜日の14~15時以降
  • 土曜日の夕方以降

です。

昼から行くメリットとしては、売り場が混雑していないという他に、移動が楽にできるという点です。

電車で行く場合は、土日の朝などはディズニーランドに行く家族連れでとても混んでいます。でも午後からランド入りする人はほとんどいないので、電車も空いていて楽に移動できるんです。

私も一度昼からランドまでバスで行ったことがありますが、バスの中はガラガラでした。

ただし公共交通機関で移動するときの話で、車で行くとなるとまた別の話。
車で行く場合は「東京オートサロンの駐車場の混雑は?車で行く場合の渋滞を回避する術」を参考にしてくださいね。

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする