sueの玉手箱

日常に役立つ情報を発信していきます。

国内

京都の夏は涼しい場所で観光したい!避暑地のおすすめスポットはここ!

投稿日:2017年5月6日 更新日:

京都の夏は涼しい場所で観光したい!涼と古都の一挙両得な楽しみ方

観光客が多い桜や紅葉の季節に比べ、比較的ゆったり過ごせるのが夏の京都。しかし京都の夏は暑い!

最近は京都に限らずどこにいても暑いですが、どうせなら涼しいところで京都を満喫したい!

そんな暑いのが苦手な人に(私も)、涼を感じる京都ならではのスポットをご紹介。

今回は自然の中で涼を楽しむ「トロッコ列車と保津川下り」のご紹介です。

スポンサーリンク

京都の夏は涼しい場所で観光したい!①トロッコ列車

正式名称は「嵯峨野トロッコ列車」。
トロッコ亀岡駅とトロッコ嵐山駅間を約25分かけて走ります。

桜や紅葉の時期には特に人気ですが、夏は緑がいっぱいの中、川沿いを進んで行きます。トンネルの中もひんやりと涼しくて夏にはぴったり。夏の景色はこんな感じです。

なんだか涼しそうですね!
街中で吹く風はむわっとして暑いですが、川沿いなのでひんやりとした川風が気持ち良さそうです。
家にいると「うるさいな~」と思ってしまうセミの鳴き声も、ここでは川のせせらぎと合わさって心地よく聞こえてきます。

嵯峨野トロッコ列車はレトロな色合いが特徴な5両編成。車内は裸電球と木製の椅子という、どこか懐かしい光景が広がっています。

1~4号車は開閉式の窓ガラスが付いた車両ですが、5号車だけは窓のないオープン仕様。「ザ・リッチ号」とも呼ばれるこの車両では、体全体で自然を楽しむことができます。

車内アナウンスも丁寧で楽しく、景色の良い場所ではゆっくりと走行してくれたりとサービスも満点。途中で謎の乗客も出現するようで、誰が乗り込んでくるかはお楽しみ。

スポンサーリンク

京都の夏は涼しい場所で観光したい!②保津川下り

トロッコ列車に乗ったら、足を伸ばして保津川下りを楽しみましょう。上でご紹介したYoutubeの映像で見えている川を下ります。

保津川下りの所要時間は水流によって変わりますが、亀岡から嵐山までの約16キロをおよそ90分かけて下ります。

夏でも川面では爽やかな風が吹き、保津川下りの船には日よけ用のテントが張られています。でも油断せずに紫外線対策は万全に!
水しぶきがかかる席もありますが、暑いとそれも心地よく感じそう。
ゆるやかな流れから岩の間をすり抜けて進むような急流まで、様々なシーンを楽しめます。

船頭さんのトークも楽しみのひとつ。船頭さんたちは4人または3人1組で順番に船を操りますが、トークが面白いと評判。
「船頭さんのトークが面白くて時間があっという間に過ぎた」という声がよく聞かれます。

また下流の方に近付くと、舟の売店が並走してビールやおつまみになりそうな食べ物などを売ってくれます。
暑い夏にビールで川下り。くは~っ、涼しそう!

→保津川下りの口コミはこちらから

京都の夏は涼しい場所で観光したい!涼と古都の一挙両得な楽しみ方 おわりに

トロッコに乗るだけでも楽しめますが、保津川下りもセットにすると一層楽しめると思います。また季節によって色々な表情を見せてくれるので、他の季節も楽しみたくなりそう。人気なのもうなずけます。

涼を楽しむ京都の観光スポット。次回もご紹介します!

こちらもおすすめ!

-国内
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です