タイフェスティバル2018の日程・おすすめグルメ・便利な持ち物はこれ!

タイフェスティバル2017の日程・おすすめグルメ・便利な持ち物はこれ!
今年もタイフェスティバルがやってきました!
順番に各都市をまわって行くので待ち遠しい人もいるのでは?

タイへは旅行で行ったことがありますが、「微笑みの国」と言われるだけあってみんな穏やか。そしてタイ王室をとても誇りにして、大切にしている国でした。

ゾウに乗れはしませんが、そんなタイが日本にいながら楽しめる!

毎年大勢の人で賑わうタイフェスティバルの魅力をご紹介したいと思います。
土日は是非、タイフェスティバルへ!

スポンサーリンク

タイフェスティバル 各会場の日程

●タイフェスティバル2018in代々木

日時:5月12日(土)・13日(日) 10:00~20:00
場所:代々木公園

●タイフェスティバル2018in大阪

日時:5月19日(土)・20日(日) 10:00~20:00
場所:大阪城公園 太陽の広場

●タイフェスティバル2018in名古屋

日時:6月2日(土)・3日(日) 10:00~20:00
場所:久屋大通り公園 久屋広場

●タイフェスティバル2018in仙台

日時:6月16日(土)・17日(土) 10:00~20:00 ※18日の終了時間は19:00
場所:勾当台公園市民広場

タイフェスティバルのおすすめグルメ

何といってもお目当てはタイグルメですよね!

辛いものが好きな人はタイ料理の代表選手とも言えるグリーンカレーやトムヤンクンに加えヤムウンセン(辛い春雨サラダ)にも挑戦してみて下さいね。

ヤムウンセン

ヤムはあえる、ウンセンは春雨の意味。春雨サラダですが、温かいまま出されることが多いです。

春雨・イカ・エビ・豚のひき肉などをゆで、玉ねぎ・セロリと一緒にナンプラー・砂糖・マナオ(ライムの一種)の果汁・とうがらしをあえてパクチーを乗せた料理です。すっぱくてさっぱりしているのが特徴です!

パッタイ

辛いのが苦手な人はパッタイがおすすめ!麺類の一番人気料理です。

タイの焼きそば。麺は米粉でできたやや太めのビーフンが使われています。甘辛さと酸味のバランスが絶妙で、クセのないタイ料理です。

マッサマンカレー

世界で最もおいしい料理50種類に選ばれたこともあるこのカレー。じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだタイカレーの一種です。

グリーンカレーのような辛いものとは違い、こちらはシナモンやカルダモンといったスパイスをふんだんに使っているため、上質な甘みがあるのが特徴。
なんと無印でもレトルトを買うことができるので、事前に試してみた上で本場の味を楽しむのも良いかもしれませんね。

ガイヤーン

こちらはタイ風の焼き鳥。一晩じっくりタレに漬け込んだ鶏肉を炭火でダイナミックに焼きます。ビールにとってもよく合います。
いや、ビールがなくても普通に美味しい!

サァクサイクン

エビが入ったタピオカ蒸し団子です。中のエビの餡はもちもち、外側の皮はサクサクでとっても美味しい!
即日完売のお店もあるほどの人気商品なので、気になったら即ゲットがおすすめです。

ドリアンのアイスクリーム

日本では珍しいドリアンのアイスクリーム。ものすごく人気です。
ドリアンを食べたことがない人はアイスクリームから挑戦してみては?見かけたら話のネタにお試しあれ!

スポンサーリンク

タイフェスティバルに持っていくと便利な持ち物

レジャーシート

毎年多くの人で大混雑しているので、テーブルを確保できないことが頻繁に起こります。

ゆっくり食べたい場合はレジャーシートが必須。タイフェスの常連さんはマストアイテムとして場所取りに活用しています。
ただし「折りたたみの椅子はご遠慮ください」としている会場もありますので、持って行くのはレジャーシートにとどめておいた方が良いでしょう。

ウェットティッシュ

屋外で食事をするときにあると便利なのがウェットティッシュ。
アルコール入りのものだと口を拭いたときにヒリヒリするので、ノンアルコールのものがおすすめです。

ティッシュ

トイレに入ったらトイレットペーパーが無いという衝撃の事態が起こることがあるので、ティッシュを持って行きましょう。

タイフェスティバルへは何時に行く?

10時からの開場となっていますが、早めに現地入りするのがおすすめです。「お昼どきに行って食べればいっか」と思っていると、何を買うにも長蛇の列に並ぶ羽目になりエラい目に遭います。

特に場所取りをする人は10時にはすでに現地にいますので、混雑を避けて楽しみたい場合は10時前を目指して出発しましょう。

おわりに

タイ旅行に行ったとき現地のガイドさんに案内してもらったんですが、タイの人は礼節を重んじるので「挨拶とお礼は言った方が良いよ」と教わりました。なので屋台や露店で買い物をするときも含めて全部挨拶をしていました。(忘れていたらすかさずガイドさんに促されました!)

挨拶はお祈りをするときみたいに両手を胸の前で合わせてお辞儀をしながら

●こんにちは(一日中使える)
あなたが男性なら→サワディー クラッ(プ)
あなたが女性なら→サワディー カー

●ありがとう
男性なら→コップ(pu)クン クラッ(プ)
女性なら→コップ(pu)クン カー

表記はこうなりますが、実際に聞いていると「コップン クラッ」「コップン カー」に聞こえます。

屋台で買ったものを持っているなら両手を合わせるのは無理ですが笑、もしお店の人がタイ人だったら買い物をしたときに是非タイ語で挨拶してみて下さい。
とっても喜ばれると思いますよ!

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする