運動会のテントの選び方!種類やサイズと家族の人数との関係は?

運動会のテントの選び方!種類は?サイズは?

最近では運動会にテントを持って行くご家庭も増えました。
中にはテーブルセットも一緒に持ち込んでいる人もいて、「普段キャンプに行く家庭なんだろうな~」と思って横目で通り過ぎますが。

学校が用意してくれるテントも数に限りがありますし、全員は座れなかったりしますよね。

自分が持って行くとなると、どんなテントを選べば良いんでしょうか?
またテントにはどんな種類があるんでしょうか?
どんなサイズを選べば?

今回は運動会のテント選びのポイントをご紹介します!

運動会のときに使うテントが欲しいなと思っても、種類が色々ありすぎて悩みますよね。テントの形も様々。 基本的には、運動会で使...
スポンサーリンク

運動会のテントの選び方

はじめに

まず始めに大切なこと。
初めての運動会の場合は情報収集が大事です。

学校や幼稚園によってはテント自体を持ち込み禁止にしているところもあります。
持ち込みOKでも、設営可能なテントの種類を指定しているところもあります。事前にしっかり確認しておきましょう。

テントの選び方のポイント

運動会へは「徒歩か自転車で応援に来てください」となっているところもありますよね。

私も毎回お弁当とまだ小さい子供を連れて学校まで行きますが、行きはまだ元気なので移動も楽です。行きは良いんですが帰りが大変。
自転車で行ったとしても、帰りは子供と一緒に歩いて帰ることになります。

大人もクタクタなので、その時にテントが重いと辛い…。荷物は少しでも軽いに越したことはないです。

選び方のポイントの1つ目、持ち運びのことを考えて軽くてコンパクトなものを。

また運動会のテントに不向きなのは組み立て方が複雑なもの。設営に時間がかかるものは向いていません。

うちの場合は旦那に場所取りで先に行ってもらって、私はお弁当の準備をして後から行くということがあります。旦那さん1人で行ったときに、1人で組み立てられないものだったらちょっと困りますよね。

テントの選び方のポイントの2つ目、設営が簡単なもの

この2点に注意して選んでいきましょう。

スポンサーリンク

運動会向きのテントの種類は?

テントと言っても種類は様々。
その中でも運動会に向いているテントのタイプをご紹介します。

サンシェード

こちらはお馴染みの形。

袋から出すだけでポンッと自分で立ち上がってくれるので、「ポップアップタイプ」とも呼ばれています。


またこんな形もありますよ~。こちらのサンシェードは間口が広いのが特徴です。そのため風通しが良い。

またこちらのサンシェードは、見た目的にはポップアップタイプの囲いの布がなくなったような感じ。パーティーシェードとも呼ばれる種類です。

動画はワンタッチタイプのサンシェードです。
ワンタッチタイプは傘を広げる要領で設置できるのでとっても簡単。

フレームを組み立てて設置するタイプもあるんですが、その場合は2人いた方が設置がスムーズです。丈夫さを求めるなら手間がかかる、といったところですかね…。

タープテント

タープは学校のテントに似た、日差しや雨を防ぐための屋根部分だけのテントです。
タープテントはこんな形。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タープ ロゴス LOGOS 『 簡単組立2分! ストライプ Qセットタープ 27…
価格:23220円(税込、送料無料) (2017/8/6時点)


基本は上の写真のような形ですが、サイドに日よけがついている「スクリーンタープ」と呼ばれるものもあります。
また一番最初にご紹介したサンシェードのような、ドーム型のタープテントもあります。

タープテントはフレームから組み立てが必要なものが一般的です。
しかし運動会には不向きなので、おすすめは設営が簡単な「ワンタッチタープ」と呼ばれるもの。ワンタッチタープは設営が5分程度で完了し、組み立てた後の移動も簡単です。

フレームにはスチール製とアルミ製とあります。
強度重視ならスチール製(重い)、持ち運び重視ならアルミ製(軽い)と、重点ポイントによって決めてくださいね。

注意点として、タープは脚が不安定なので、地面にロープで固定するものが多いです。
しかし運動会のようなシーンでは、特に子供が足にロープを引っ掛けて転ぶ危険性があるので使用できません。

そのため風対策で砂袋を用意したり、遊具などの近くに設置して紐で固定するなど設置に工夫が必要です。


運動会向きのテントのサイズと家族の人数の関係

テントのサイズは色々ありますが、ゆったり過ごそうと思う場合は「記載してある使用人数-1人」と考えておくと良いでしょう。

家族4人の場合は目安として床面積が300㎝×300㎝くらいあれば、大人2人と子供2人でゆったり過ごせます。

基本的にはサイズをどちらにするかで迷ったら、大きい方を選びましょう。
特にドーム型のテントでは小さい方が中が温かくなるという特徴があります。
運動会シーズンはまだまだ暑いので、狭いテントだと暑いです。

おわりに

テントを選ぶときは収納したときの大きさも気にしてみてくださいね。
特にタープテントは収納場所のスペース確保が必須です。

また運動会中はずっと座っているとおしりが痛くなってきます。
毎年旦那と「段ボールを持って来れば良かったね」と話していますが、いつも忘れます笑
椅子を持ち込む場合は良いですが、地面に座るときはクッション性があるもを敷くと快適に過ごせます。

テント選びの参考にしてみてくださいね。

運動会は1日の大半を外で過ごすようになりますよね。そのため、テントやクーラーボックスを持って行こうとなると、どうしても荷物が多くなっ...
運動会。そこには大人たちにとっても負けられない戦いがある。 そう、それはリレー!! 子供の前で走るからには、少しでも格好良い...
スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする