ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

ゴミを捨てたりフィルターを水洗いすると吸引力が上がったように感じますが、網(?)の中のゴミがどうしても取れませんよね。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

ガンガンゆすってみたりしても、全部のゴミが落ちてきません。この部分の掃除がどうしてもしたくて、分解してみることにしました。

DC61・ DC62・DC74・V6のモデルは分解方法が同じになります。

※分解作業をする場合は自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた

ダイソンの方では分解は推奨していません。
「もし分解するなら」ということで、実際にやってみた経過をご紹介します。

またサイクロンの部分は分解しなくてもそのまま水洗いができるので、どちらかお好きな方で。

分解の手順

1.本体とサイクロンの部分を切り離す

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

赤い線のところで別々にしていきます。

上下逆さまにします。そうすると付け根の部分に白い爪のような部品が2つ見えます。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

この部分は両側の2つの留め具を内側にすぼめると外れるようになっています。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

この爪の部分の留め具はプラスチックのようで、割らないために工具ではなく爪楊枝を使うことに。

私は片方を外してもう片方を外すというのを少しずつ交互に繰り返すという戦術を取ることに。どうにかこうにかで外れました。

スポンサーリンク

2.フィルターの部分を取り外す

切り離せたので、次はこちらを更に分解していきます。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

まず上側と下側のフィルター部分を切り離します。爪楊枝の先が境目。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

取り外す前に、ゴムパッキンが邪魔だったので取り外すことにしました。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

フィルターの部分は引っ張っても簡単には外れないようになっています。この部分は5カ所の爪で引っかかっているので、うまいことその爪を外さないことには外れません。

唯一の隙間があったので、そこから小さなマイナスドライバーをねじ込んで外していくことに。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

マイナスドライバーをすべらせて、1周させるようにゆっくりと外していきます。中が見えてきたけどえらく汚い…。
そして最も外しにくかったのがここ!

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

指だけでは外せないので、左手の親指でフィルターを押しながら隙間にマイナスドライバーをつっこんでテコの原理で外す、みたいな感じでやりました。ほとんど力技ですね…汗

本来はフィルターを外すにはこちらの特殊工具を使います。

何度も分解掃除をしたい場合は、無理にこじ開けずに特殊工具を買って分解した方が良いでしょう。
ツメが折れてしまったらどうしようもないので…。


3.ネジを外してさらに分解

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

矢印の位置にネジがあります。これを外していきます。
ネジ山が特殊な形(トルクスネジ)なので「特殊工具じゃないと外れないのかも」と思いましたが、手持ちの小さなマイナスドライバーで外れました。

ネジ山がすぐダメになってしまうので、特殊工具を持っていない場合は無理に外さない方が良いかもしれません。

分解できました。めちゃくちゃ汚い。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

更にここから部品を外します。
次は引っ張るだけで簡単に外れます。指がある場所が部品の境目です。

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

残ったヘッドの部分は更に分解できるようですが、濡れたらダメな部品は無いそうなのでこのまま水洗いをすることに決定。(面倒くさいし…)

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

4.部品を洗って乾燥させる

全ての部品を水洗いします。細かい部分は部分磨き用の歯ブラシを使ってホコリを取りました。

スポンサーリンク

ダイソンの掃除機を分解して手入れしてみた!特別な道具なしでの挑戦!

一番最後に残ったヘッドの部分は逆さまにしておくと水が抜けにくそうです。なので写真のようにして乾燥させた方が良いかも。

おわりに

初めてダイソンの掃除機を分解して掃除してみました。綺麗になって満足。少しコツがいる箇所もありましたが、それほど苦労することもなくできました。

しかし特殊工具(特にネジ)を持っていないと、何度も分解するのは正直厳しいと思います。毎回分解しなくても、本体と切り離して水洗いの方がリスクは少ないかもしれません。

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする