イタリアのトイレは2つ?便座が無いところや流し方はどうするの?

イタリアのトイレは2つ?便座が無いところや流し方はどうするの?イタリアに初めて行ったとき、一番戸惑ったのはトイレ事情。

日本も公衆トイレは衛生面でちょっと入りたくないなと思ってしまうところもありますが、トイレで困ることは滅多にありませんよね。
日本の感覚でイタリアのトイレを見ると、日本に来る外国人旅行客が日本のトイレを絶賛する理由が分かる気がします笑

イタリアのトイレは様々。

トイレの横にあるコレ、何?
このトイレどうやって用を足すの?
どうやって流すの?

狭い個室で1人であたふたすることが無いように、事前に予習しておくと安心です。
今回はイタリアのトイレ事情についてご紹介します!

スポンサーリンク

イタリアのトイレに2つ何かがある

ホテルのトイレなどは日本と同様に1つしかないところもありますが、中には2つあるところもあるようです。日本でもよく見慣れた便器と、その横に便座の無い便器のようなものがありますが、これって何?

これ、実は手動のビデ。

水道の蛇口のようなものがついていて水やお湯を溜めてから手で洗浄するタイプだったり、下から水が出てくるので直接洗浄するタイプだったりと、タイプも色々あります。

分からずにビデの方で用を足してしまったり、水やお湯をためられる構造になっていることからここで洗濯をする日本人旅行者がいたりするそうですが、トイレや洗濯用ではないので注意しましょう。

スポンサーリンク

イタリアのトイレには便座が無い?

初めてイタリアの公共の場所でトイレに行ったのはサンタンジェロ城でした。
イタリアのトイレは有料の場所が多いので、日本人からしたら無料のトイレはありがたいものです。

トイレに入って一瞬戸惑いました。
…便座が無い。

イタリア人はどうやって用を足しているんだろうか…。
そんな疑問が浮かびながらも、そのまま座るのもイヤだったので中腰で用を足しました。

イタリアのトイレは便座が無いことが普通なのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
公共の場所では便座をつけてもすぐに壊されてしまうことが多いので、「どうせ壊されるんだったら無いままで良いじゃん」という考えからついていないことが多いそう。すべてのトイレに便座がついていないわけではありません。

また、ごく稀に和式便器に似たトイレに遭遇することがありますが、日本とは逆に扉の方を向いてしゃがむのが正しい使い方です。

ところで便座が無いトイレでは、みんなどうやって用を足しているのでしょう?

一番多いのは私のような中腰スタイル。エアートイレはなかなか辛いです笑
その他には便座に足を載せてしゃがむ和式スタイル。足を掛ける箇所の幅が狭いので、足を滑らせないように気を付けましょう。でないと…(以下省略)

この2つが厳しい場合は、除菌ティッシュを日本から持参して綺麗に拭いた上で、便座シートの代わりにトイレットペーパーを敷き詰めて座るという方法があります。家族で旅行に行くなどグループ内に様々な年代がいる場合は、念のため除菌ティッシュを用意しておきましょう。


スポンサーリンク

イタリアのトイレの流し方は?

イタリアのトイレの流し方は様々。

  • 壁に付いているボタンまたはパネルを押すタイプ
  • タンクについているボタンまたはパネルを押すタイプ
  • 便器付近の床にあるボタンやペダルを足で踏むタイプ
  • 紐を引っ張るタイプ

まだあるような気がしますが…。
せめて2種類くらいにしてくれたら良いんですが、とりあえずトイレに入ったら壁・床・トイレのタンクをよく観察してくださいね。

注意するのは便器の横に大きなゴミ箱が設置してある場合。
使用したトイレットペーパーは流さずにゴミ箱に捨てましょう。普通に流すと水流が弱くて流れなかったり、詰まったりしてしまいます。

おわりに+おまけ

イタリアのトイレ事情をご紹介しました。

イタリアのトイレに限らず、ヨーロッパでは大抵のトイレは有料です。
コインをマシンに入れてバーを回して入るタイプだったり、チップ制で募金箱みたいなものに入れるタイプだったり、トイレの入り口にいる人に渡したり、お金の払い方も様々。

利用料としては50セント~1ユーロ(または1.5ユーロ)のところがほとんどです。トイレに入るために小銭を用意しておく必要があります。

無料でトイレを使おうと思えば、美術館・博物館・大聖堂・大型のデパート・マクドナルド、またはホテルに入ってお願いして借りるなど。
あまり混雑していなくてそれなりのトイレを使用できるのは、カフェで休憩したついでに借りるときでしょうか。トイレを借りるときはマナーとして注文してからにしましょうね。

トイレに行くときでも荷物は肌身離さず持って行くことはもちろんですが、個室に入ったときに足元に置いたりドアの内側にあるフックに掛けたりしないようにして下さい。用を足している間にひょいと持って行かれてしまいます。

私の知り合いのおばちゃんは、場所はアメリカでしたが、空港のトイレで荷物をドアのフックに引っ掛けていました。
すると上から手が伸びて、ヒョイと荷物を持って行かれてしまったそう!

おばちゃんは慌ててトイレから飛び出し「泥棒~!!!」と日本語で大声で叫びながら泥棒を追いかけました。

相手はおばちゃんの迫力に驚いたのか荷物を返してくれたそうですが、どんなことがあるか分かりませんので、荷物は本当に気を付けて下さいね!

★関連記事
イタリア旅行での言語は?観光スポット受付での会話と簡単イタリア語集
イタリア旅行まとめ:おすすめスポット・夏の服装・言語など

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする