熱田神宮への初詣で駐車場のおすすめは?混雑を避ける時間帯はいつ?

駐車場の混雑

普段は都会の喧騒を忘れさせてくれるような静かな熱田神宮の境内ですが、お正月ともなると全国から集う参拝者で賑わいます。

熱田神社の初詣はいつもたくさんの人出で混雑しますが、初詣に行くときのおすすめ駐車場は?
また何時だとあまり混雑していないんでしょうか?

初詣に車で行く場合の、混雑を避ける方法をご紹介します!

スポンサーリンク

熱田神宮への初詣で駐車場のおすすめは?

熱田神宮の境内には無料駐車場があるんですが、12/31~1/5までは閉鎖となり使用できません。残念。
ということで、付近の有料駐車場を利用することになります。

しかし熱田神宮まで歩いて行ける距離にある近場の有料駐車場って軒並み高いんですよね。お正月の特別料金で1時間1000円だとか2000円だとかで、しかも上限なし。怖っ!

また忘れてはいけないのが交通規制。12/31・1/1~5までは通行止めになる区域があります。
こちらは29年度の交通規制図ですが、毎年ほぼ変わりはありません。
→交通規制図はこちら

そこで車で行こうと思ったら、近場を取るか・駐車料金を取るかといったところ。

  • 混雑する時間帯を避けてなるべく近場に停める
  • パーク&ライドで行く(遠くの駐車場に停めて公共交通機関で行く)

このどちらかがおすすめです。

近場に停める

近場に停める場合は、混雑していない時間帯に行くという前提で行くと良いでしょう。(混雑しない時間帯は後述します)

白鳥橋から旗屋町(神宮西)の間に位置する駐車場は、なかなか満車にならないのでおすすめ。道の左側で看板を持った係員が誘導してくれます。

また穴場なのが名鉄神宮前駅の東側にある駐車場です。線路を挟んで東側に位置する側はあまり混雑していません。もちろん、混雑していない時間帯に行く必要がありますが。

名鉄協商神宮前 第2駐車場
名鉄協商神宮前 第5駐車場
こちらの2つは駐車台数が数台と少ないですが、車両通行禁止区間のぎりぎりのところにあるので、ここまでやってくる人が少ないため穴場です。

名鉄協商パーキングはHPから満車情報を確認することができます。
→名鉄協商パーキングHP

パーク&ライド

混雑する時間帯や日中に初詣に行く場合は、参拝者が多ければ境内への入場規制が行われることもありますので、かなり時間がかかるかと思います。

駐車料金を気にしながら参拝するのも落ち着かないので、最初から混雑すると分かっているときはパーク&ライドにしましょう。

パーク&ライドの場合は、神宮前駅の1つ手前の駅である名鉄堀田駅か金山駅周辺の安いパーキングに停めて、名鉄線で移動するのがおすすめです。
熱田神宮周辺の混雑に巻き込まれることはありません。

駐車料金は高くて30分200円くらいなので、2時間いても1000円以下です。

神宮前駅から堀田駅までは片道170円。
神宮前駅から金山駅までも片道170円。
先に同乗者を下して運転手だけ駐車場に行けば、少し電車代も浮きますしね。

ただし名鉄堀田駅周辺に停めるときは、カインズ名古屋堀田店の北側に位置する道路(空港線の堀田通7交差点~大津通り秋葉交差点の間)が大渋滞しているので、この道は通らないようにしましょう。

【渋滞する道】

スポンサーリンク

熱田神宮の初詣の混雑を避ける時間帯は?

熱田神宮への参拝者はお正月の3日間だけで約230万人です。

その混雑ぶりといったら境内に入っても遅々として進まず、お賽銭箱の近くにすら行けません。仕方がないので結構遠くから投げたら、前の方にいる人のフードにお金が入ったりね…。

おみくじを引いたりお守りを買ったりするには、強靭な精神力と体力が必要です。

そこでお正月の混雑の様子をご紹介しつつ、人が少なくなるおすすめの時間帯をピックアップしていきます。

元日に行く場合

3日間のうちで一番混雑するのはやはり元日。

元日の中でも、新しい年を迎える瞬間に初詣をしたいと思っている人達でごった返す、大晦日の深夜0時から1日の午前3時頃が一番のピークです。
新年を迎える瞬間はかなり混雑が激しく、歩行がかなり困難な状況。

元日はほぼ1日中混雑するんですが、そんな中でもおすすめの時間帯は

  • ピーク時を過ぎた午前4時から5時の間
  • 日が暮れた17時以降

です。

2日・3日に行く場合

2~3日は朝8時頃から混雑が始まります。8時より前の午前6時でも、ピークより少ないとはいえ結構な人出です。
混雑のピークは午前10時~15時まで。

日が暮れると少し人出が落ち着くので、混雑で身動きが取れないというほどではなくなります。
特に3日の夕方はピーク時に比べるとかなりマシになってきます。

おすすめの時間は

  • 午前4時~6時頃
  • 日が暮れた17時以降

です。

4日以降に行く場合

4日になると人出は3が日に比べると多少落ち着きます。
5日は「初えびす」というお祭りがあるので、熊手を受け取りに来る参拝客で前日(4日)の23時頃からまた混雑します。
6日以降になると参拝客はぐっと少なくなります。その代わり屋台はもうありません。

というわけでおすすめの時間帯は

  • 午前4時~8時頃
  • 17時以降
  • 6日以降

となります。

スポンサーリンク
 

おわりに

熱田神宮の初詣の混雑の様子とおすすめの駐車場・時間帯をご紹介しました。
新年を迎えるのもなかなか大変ですが、良い1年の始まりとなりますように。

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする