加湿器お手入れ簡単カビない機種が欲しい!ズボラさんにおすすめなのは?

加湿器お手入れ簡単カビない機種が欲しい!ズボラさんにおすすめなのは?
寒くなって空気が乾燥してくると、カゼやインフルエンザ予防のために加湿器を用意しようかな~と思う頃。私もその一人で、加湿器を購入するために色々と調べまくりました!

というのも私はカビアレルギーなので、カビを吸い込むと咳が止まらなくなります。加湿器はお手入れを怠ると、加湿器内に発生したカビを部屋中にまき散らすということに……こわっ!

そしてまた超ズボラなので、毎回お手入れとかしないのは分かり切っている。

とにかく手入れがめちゃくちゃ簡単で(むしろしないで良いくらいのが欲しい)、カビがはえない加湿器というものが私の絶対ゆずれない条件でした。

その上で、私が調べた結果&個人的見解と、結果的に何を選んだのかをご紹介していきます!

スポンサーリンク

加湿器お手入れ簡単でカビない機種とは?

加湿器を購入しようと色々調べた方であれば、加湿器には4つのタイプがあるのに気付くと思います。ちょっと簡単にまとめました。

加湿器の4つのタイプ

超音波式
振動によって水を気化させるタイプ。霧吹きに近い感じ。おしゃれで価格が安いものが多い。
気化式
水を含ませたフィルターに風を当てて気化させるタイプ。濡れタオルを室内干しするイメージ。
スチーム式
お湯を沸かして蒸気を発生させるタイプ。ストーブの上に置いているやかんのお湯が沸騰してるイメージ。
ハイブリッド式
気化式とスチーム式を組み合わせたもの。水を含ませたフィルターに温風を当てて加湿する仕組み。湿度が低いときはフィルターに温風を当てるが、設定湿度になると冷風に切り替わる。
スポンサーリンク

種類別カビのはえやすさ&お手入れ必要度

これを独断と偏見で「面倒くささ&カビ」という視点で比べてみました。(あくまで個人的な意見です)

超音波式
安くてインテリア映えするが、熱を発生させているわけではないので菌が繁殖しやすい→雑菌繁殖&カビはえる(手入れが頻繁に必要なので面倒くさがりには向かない)
気化式
電気代は安いが常にフィルターが湿っている→フィルターにカビはえる(フィルターの手入れが定期的に必要なので面倒くさがりには向かない)
スチーム式
電気代は4種類の中で一番高くはなるが、手入れがほぼ必要ない。ただ小さな子供がいる家は注意が必要。
ハイブリッド式
温風を当てる分、フィルターの手入れをしなくて良いかもと思いきや→やっぱりフィルターにカビはえる。(フィルターの手入れが定期的に必要なので面倒くさがりには向かない)本体代が高い。
ちなみに加湿器に使用する水の中に一緒に入れる商品(雑菌を抑える作用がある薬品)が売られていますが、毎回買うとなるとランニングコストが心配。
しかもこれを入れるから手入れを全然しなくて良いかといったら、そうではない。

以上のことから、おのずと結論は見えてきました。

私はハイブリッド式とスチーム式で悩んだ

私の場合はハイブリッド式とスチーム式で最後まで悩みました。でも最初に書いたように、私の加湿器選びの絶対条件は、手入れが簡単なこととカビがはえないこと。

4種類の加湿器の中で、唯一カビの心配がないのはスチーム式しかない。しかも原理はお湯を沸かして水蒸気を発生させることなので、ついでに部屋も暖かくなるんじゃない?

唯一の心配が小さな子供がいることでした。でも床の上での使用は絶対しないことに決め、万が一コードに手足を引っ掛けたときに、すぐにコードが本体から外れるマグネット式の機種を選べば良いという結論に達したので、スチーム式の加湿器を買うことに決めました!

スポンサーリンク

スチーム式加湿器を使ってみた感想

いや、本当に手入れが楽!注意することといったら、1日使った水は捨てて次に使うときには新しい水を用意するくらい。

水道水のカルキが付着してそれが固まって本体にこびりつくと不具合の原因になるそうですが、そうならないように使い終わったらよく乾燥させておけば良い。

心配していた電気代ですが、そこまでじゃない感じ。夏のクーラーの電気代に比べたら微々たるもの。しかも部屋が暖かくなる。

一応子供が足を引っ掛けたりしないように床には設置せず、いつでも目の届くキッチンの近くに設置しています。

お手入れに手間をかけたくない(したくない)ズボラさんには、スチーム式の加湿器が本当におすすめです!

寒くなって空気が乾燥してくると、カゼやインフルエンザ予防のために加湿器を用意しようかな~と思う頃。私もその一人で、加湿器を購入するために...

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする