子連れでお出かけ都内の無料な室内施設!23区内の雨の日でも遊べる場所

子連れでお出かけ都内の無料な室内施設!23区内の駐車場有りな場所
子連れでちょっと出掛けただけでも、ご飯を食べたりしているうちにあっという間にお札が飛んでいきます。
そんな中で無料で遊べる施設はありがたいもの。

前回はP有の子連れでお出かけできる都内の無料室内施設をご紹介しました。

今回は「施設専用の駐車場が無いので有料Pに停めるようになるけれど、無料で遊べる室内施設」のご紹介です。

スポンサーリンク

子連れでお出かけ都内の無料な室内施設

東京都水の科学館(江東区)

1階はおもちゃを使って遊べる水遊び場、2階は水を使った実験コーナーで、大きなシャボン玉の中に入れる装置やシャボン玉のカーテンなどがあります。たくさんの実験ショーも見どころ。

3階は水の大切さを伝える展示場になっています。自分が水になって森から家庭の蛇口へ行くまでが体験できるシアターも充実しています。地下には本物の有明給水所があり、見学ツアーが行われています。たくさんの体験型展示物があり、子供はもちろん大人も楽しめます。

水遊びで楽しみすぎて、服がびしょ濡れになったとき用に着替えを持っていくと安心かも。

駐車場はありませんが、日曜・休日限定で近くの道路の駐車禁止が解除になる模様。

パナソニックセンター東京・リスーピア(江東区)

パナソニックセンター東京が1階部分、2階・3階がリスーピアです。2階は無料、3階は有料部分になります。
パナソニックセンター東京は、パナソニックがオリンピックの協賛企業12社のうち1社に選ばれたことから、オリンピック関連の展示を見ることができます。

リスーピアは理科や算数の不思議を楽しく学べる体験型施設。2階は任天堂のゲーム体験コーナー・科学館のような実験装置・タッチパネル式のクイズなどがあります。またスタンプラリーもあるので、小さな子でも楽しめます。水の科学館に近いので、セットで見て回ることも可能です。

3階有料部分は大人500円、高校生以下は無料ですが、「いこーよ」サイトに100円引きになるクーポンを配信しているので、有料部分に行くときには是非活用してくださいね。

リスーピアには専用駐車場がありませんが、パナソニックセンター東京はショールームになっているので、そちらを利用する人向けの駐車場があります。
敷地の一番東にPがあり、40台程度駐車可能。
入り口に立っている警備員さんに駐車希望の旨を伝え、利用証を受け取ります。
それを持ってパナソニック東京センターのインフォメーションに行き、確認の印を押してもらうと3時間無料になります。

スポンサーリンク

消防博物館(新宿区)

四ツ谷駅方面行のホームから直結で行くことができます。

ジオラマのショーや、ミニチュアの消防車を自分で遠隔操作して消火活動ができたりします。
消防隊の制服に着替えて救助ヘリや消防車で写真が撮れ、博物館の裏には実際に消防署があるので、はたらく車好きの子には嬉しいところ。

10分程度の防災アニメがたくさんあり、他にも絵本やおもちゃスペースなどもあります。

食事を取れるスペースもあるので、お弁当持参で行けますよ。

杉並アニメーションミュージアム(杉並区)

荻窪駅からバスで10分程度です。近隣にも有料P有り。

外観はイメージと違う感じですが、ミュージアム内に入ると印象が変わります。

アフレコ体験ができたり、絵を描いたりパソコンで絵を塗れたりなど漫画家になったつもりで作画体験もできたりします。
別フロアでアニメの上映をしていたり、個別ブースで漫画を読んだりDVDが観れたりもします。
ワークショップや紙芝居なども催されています。


スポンサーリンク

子連れでお出かけ都内の無料な室内施設! おわりに

以上、無料で遊べる都内の室内施設のご紹介でした。
ショッピングセンターの遊び場に行っても、結局物を買わされたりしてお金を使わずに遊ぶことが難しいんですよね…。

無料施設は博物館などの学習系が多いので、楽しく遊びながら知識を得られたりして、学習の面でも良いですね。
大人も知らないことが多かったりして、意外と楽しめるかもしれません。

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする