ネクタイの結び方の種類ワイシャツとの合わせ方でおしゃれに見せる方法!

ネクタイの結び方
ネクタイの結び方には70種類以上あると言われています。

正直私なんかは「そんなにあるの?」とちょっとビックリしたんですが、その中でも普段生活する上で覚えておいた方が良い結び方がきっとあるはず。
ビジネスにも普段でも使えるネクタイの結び方って?

今回はネクタイの結び方の種類をご紹介するとともに、「このワイシャツにはこの結び方」という、ワイシャツとネクタイのおしゃれな関係についてもご紹介していきます!

スポンサーリンク

ネクタイの結び方の種類

ネクタイの結び方には様々ありますが、早速「これだけ覚えておけばとりあえず何とかなる」というものを4つご紹介していきますね~。

特にビジネスシーンなどの場ではシンプルな結び方のものが適切とされているので、基礎としてこの4つさえ覚えておけばOKです。

シンプルノット(プレーンノット)

シンプルノットはプレーンノットとも呼ばれることがありますが、一番シンプル且つ定番で、日本人男性が一番使用することが多い結び方。
簡単なので、何はともかく覚えておきたいひとつです。

ダブルノット

「ネクタイが長くなってしまうので短めにしたい」「ノットにボリュームを出したい」といったときに、覚えておいて損がないのがダブルノット。

シンプルノットより1周多くネクタイを巻き付けるだけなのでダブルノットと言うんですが、結び方は簡単です。最後に大剣を入れる場所さえ間違えなければ大丈夫!

ウィンザーノット

ウィンザーノットはイギリスで考案された結び方で、品が良くフォーマルな印象を与える結び方です。
ノット(逆三角形の部分)の部分にボリュームが出るため、薄い生地のネクタイを使うと綺麗に結べますよ。

セミ(ハーフ)ウィンザーノット

セミウィンザーノットはハーフウィンザーノットとも呼ばれます。

セミウィンザーノットの方がウィンザーノットよりノット(逆三角形の部分)のボリュームが小さいので、簡単に結ぶことができます。

またウィンザーノットよりセミの方が結び目が綺麗に整い、より深いディンプル(ネクタイにできるシワ)が作れるのでスタイリッシュに見えますよ。

ネクタイの結び方ワイシャツとの合わせ方でおしゃれに

実はネクタイって、ワイシャツによって相性の良い結び方をするとよりおしゃれに見えるんです!

おしゃれな結び方云々じゃなくて、正しくは「ワイシャツごとに結び方を変えることによっておしゃれに見せる」というスタンスなんですね。

ではワイシャツとネクタイのおしゃれな関係に迫る前に、ざっとワイシャツの種類についてご紹介していきます!

ワイシャツの種類

ワイシャツの種類は主に4種類。
「ワイドカラー・セミワイドカラー・レギュラーカラー・ボタンダウン」の4つ。

何が違うのかって言うと、襟の開きが違います。
ワイドカラーが襟の開きが一番大きく、セミワイド→レギュラー→ボタンダウンの順で開きが狭くなっていきます。

ワイドカラーの開きは100~120°前後。
セミワイドは90°前後。
レギュラーは70~90°前後。
ボタンダウンは両襟の端に小さなボタンがついているので分かりやすいと思いますが、これが一番襟の幅が狭くなっています。

↓こちらは楽天のサイトですが、このサイトの画像のワイド・セミワイド・レギュラーが分かりやすく載っているので参考までに。

ワイシャツの種類を踏まえた上で、次はそれぞれにどのネクタイの結び方がぴったりなのかをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ワイシャツに合うネクタイの結び方

ワイドカラー&セミワイドカラー

ワイドカラーやセミワイドカラーといった襟の広いワイシャツに合うネクタイの結び方は

  • シンプルノット
  • ダブルノット
  • ウィンザーノット

です。

襟の広いワイシャツは首回りをすっきりと見せてくれるので、基本的にはノットにボリュームが出る結び方を選ぶと相性が良くなります。

レギュラーカラ―

レギュラーカラーに合うネクタイの結び方がこちら。

・セミウィンザーノット

レギュラーカラ―のワイシャツはどんなジャケットやネクタイとも相性が良く、幅広いシチュエーションで使用できる万能選手。

そんなレギュラーカラーにはノットが大きすぎず小さすぎず、丁度良い大きさのセミウィンザーノットがおすすめです。

ボタンダウン

ボタンダウンに合うネクタイの結び方はこちら。

・シンプルノット

襟の幅が狭いボタンダウンでは、ノットをコンパクトなものにすると相性が良くなります。

ボタンダウンシャツは元々ポロ競技用のシャツとして、襟が乱れるのを防ぐために作られたと言われています。
そのため襟がピンと立ちやすく、ノーネクタイやクールビズスタイルでも使えるので1枚あると便利。

注意点としてボタンダウンは他のワイシャツに比べて襟が高いので、フォーマルなシーンには使えません。
また襟元のボタンを外して使うのはマナー違反になります。ボタンは必ず留めておきましょう。


スポンサーリンク

おわりに

ネクタイの結び方の種類と、ワイシャツとの合わせ方をご紹介しました。

襟の広さとネクタイの結び方に関係性があることが分かったので、ワイシャツを基準として結び方を考えると良さそうですね。

ノットを小さ目に作りたいときは薄手のネクタイを使った方が綺麗に見えるので、ネクタイの厚さも考慮して合わせてみてください。

★関連記事
新入社員のネクタイの色や柄は?本数は何本あると良い?選び方のポイント
入社式のスーツは就活のリクルート用でも良い?色や柄は?男性編
ワイシャツの襟の汚れが気になるときの黄ばみ黒ずみの落とし方

こちらもおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする